第8回 ナショナル・トラストのクリスマス

ミンスミートはママの味

ミンスミートはママの味英 国では10月末のハローウィンが終わると、人も街もクリスマスに向かってまっしぐら、、、、、という雰囲気に包まれています。家の飾り付けはまだとして も、マーケットやパブには早くもクリスマス・ツリーがお目見えして、大きなスーパーなどは1レーンすべてがクリスマスのパーティーグッズやプレゼントの売 場に変身します。昨日までは、確かに黄色いカボチャがおかしな顔をしてぶら下がっていた頭上は、きょうはサンタとトナカイたちが走っている、、、。何と言 う素早さ!のんびりした英国では驚異的な早変わりです。

そしてこの時期から、必ずといっていいほどスーパー のお菓子コーナーに、それもかなりの面積を占めて並ぶのが、ミンスミートパイとクリスマス・プディングです。クリスマス・プディングはクリスマス当日に食 べるものですが、ミンスミートパイはクリスマスを迎える日まで、「クリスマスを楽しみに毎日ひとつずつ食べるんだよ。」と聞いて、ビックリしたものです。

共働きが多い、今のイギリス家庭では、ミンスミートパイも簡単にスーパーで手に入りますが、ちょっと前までは家庭での手作りの味が当り前でした。

「マ イクはお母さんの手作りミンスミートパイに目がないの。だからこうやって、ほら、この時期になるとこうしてたくさん焼いて来てくれるの。」そう言って大き な丸い、お菓子缶いっぱいのミンスミートパイを見せてくれたのは、友人のジョイ。もう60才を過ぎた息子に90才のママが、山ほどのミンスミートパイを焼 いて持って来てくれるという、何とも羨ましいお話です。

伝統的なクリスマス・ランチを囲んで

サンタクロースさ て、英国ナショナル・トラストでは、どのようなクリスマスを迎えるのでしょうか?マナーハウスやお城など、有料のプロパティ(保存地)はそのほとんどが 11月の上旬から来春までの長いお休みに入ってしまいます。しかし、ティールームやレストラン、ショップはクリスマスのために週末のみ開いているのです。 中には12月のウィークディにクリスマスのランチ・パーティーを予約できるところもあります。

 また、敷地内にある教会や馬小屋でのクリスマスキャロルや、邸内での大掛かりなディナー・パーティー。またクリスマスツリーの飾り付けを共に楽しむ、、、なんてイベントも行われます。

さらにクリスマスの時期だけ、クリスマス用の飾り付けをしたガーデンや邸内をガイドしてくれるという、スペシャル・ツアーもあります。そんな時は夏とちがって、荘厳な賛美歌が邸内に響き渡ったっていたりして、、、、その演出にもうっとりです。

暗くて長 ? いという定評の英国の冬ですが、クリスマスを楽しみに待ちながら、濃い紅茶とミンスミート。そして週末ごとのナショナル・トラストでのクリスマスを体験しようと思ったら、、、あっという間に過ぎてしまう、英国の冬なわけです。

編集・協力/ NPO 法人ザ・ナショナル・トラスト サポート センター   イラスト/小野琢正

ザ・ナショナル・トラスト サポート センターでは、日本語による英国ザ・ナショナル・トラストや世界各地のナショナル・トラストのインフォメーションをおこなっています。ご旅行の際のアドバイスや現地 NT プロパティへのガイドなども可能です。

ザ・ナショナル・トラストに関するご質問、お問合せなど、どうぞお気軽にお寄せください。

http://ntscj.org/

****************************************

NPO 法人ナショナル・トラストサポートセンター / 
英国 NT 日本人会事務局 
小野 まり

ウェールズ日本人会 email
Wales Japan Club All Rights Reserved
www.walesjapanclub.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。