第 1 回 Tintern Abbey に行こう!(修道院/遺跡/カーディフから車で約1時間)

Tintern Abbey ( ティンターン・アビー ) に行こう!


01 tintern1 (チェプストウ)の北に位置する Tintern Abbey は,ワーズワースが詩に書き,ターナーが絵に描いた南ウェールズで最も美しい遺跡の1つと言われる修道院です。 Chepstow の町を過ぎ,看板の指示に従って道を曲がると,どんどん山の中に入っていき,「こんな山の中に本当に修道院なんてあるんだろうか」と心配になってきたところで,想像以上に大きな建物が現れます。 早速入場料を払って中へ。入り口付近にボードがありここがフランスのシトー派の修道院であったこと, 12 世紀の初めに建てられ, 13 世紀から 14 世紀にかけて現在残るゴシックの教会部分などが拡張されたこと,その後 16 世紀の修道会の解散をへて 18 世紀後半にロマン派の詩人や画家に“発見”されるまで打ち捨てられていたことなどが書かれています。「フランスから良くウェールズまでやってきたよなぁ」という感慨を抱きつつ遺跡へ。 

建物の大部分は基礎部分を残してなくなっているものの,非常に大きな建物であったことがわかります。そこかしこに「この場所は昔何々に使われていた」という説明があり,ここに大勢の修道士が暮らしていた頃に思いを馳せながら,教会跡に足を踏み入れた途端,息を飲む光景をみることになります。 教会には屋根がなく,優美なアーチを描く柱とアーチ型の窓をもつ壁がおりなす造形が非常に荘厳で,イギリスに多く残る修道院跡の中でも,ここまで美しく残っているところは初めて見たため,心打たれました。これらの窓にステンドグラスがはめられ,高い天井があったころはどんなに壮麗な建物であっただろうかと思いつつ教会の外を眺めると鮮やかな緑の草地をゆっくりと牛が移動しているのが見えなんとも牧歌的です。

Tintern Abbey2山深くひっそりとたたずむゴシックの廃墟。おすすめです。カーディフから1時間弱で行けます。車がないと非常に不便ですが, Chepstow もしくは Monmouth (モンマス)から 69 番のバスを使ってもいけるようです。冬の間も開いています。近隣には Chepstow 城もあり,カーディフから車なら 2 つ回っても半日で十分でしょう。詳しくは下記でご確認ください。

Cadw :  http://www.cadw.wales.gov.uk/
( Place to visit の検索で Tintern Abbey と入力すると情報を見ることができます。)

Traveline :  http://www.traveline-cymru.org.uk/
( 69 のバスの時刻表は上記で手に入ります。)

(狩野 記)

ウェールズ日本人会 email
Wales Japan Club All Rights Reserved
www.walesjapanclub.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。