第四回 カーディフ日本研究センター スピーチコンテスト報告

2014.6.13金曜日 午後17時~

日本の学校で聴いたことのあるスピーチコンテストと言えば、英語でのスピーチですが、
今回は、日本語のスピーチコンテストですから、カーディフの学生は、日本について、
何を考え、思って、何を学んで、どうやって日本語を身につけているのか知りたいと思いました。

スピーチの内容は、プログラム参照

1年生の発表
自分の町について

2年生は
投資、社会、 経済、政治につて。

4年生は
日本へ留学した経験、日本人と出会い、生活して感じた日本人の道徳心や、思考について、
中でも、[日本の英語教育]についての、スピーチには、正に、その通り!!
よく研究されていて、驚きました!

学生の皆さんが、日本を、一生懸命研究し理解していることを、嬉しく思いました。自国の問題も鋭く研究されていて、今後の皆さんの活躍を、楽しみにしています。
これからも、頑張ってください。(小川 記)

コメントする

Post comment as a guest

0
Your comments are subjected to administrator's moderation.
利用規約.

この会話の中にいる方々

  • ゲスト - Yumi

    お疲れ様です♪
    日本語というマイナーな言語をたくみに使いこなしたとても素敵なスピーチばかりで、学生皆様には本当に頭が下がりました。

    やはり、内容がなくては、立派なスピーチにならず、そのためには日々いろいろなことに関心を持っていないとだめなんでしょうね。私もがんばりたいと思います。
    レポートありがとうございました!

    短縮URL:

ウェールズ日本人会 email
Wales Japan Club All Rights Reserved
www.walesjapanclub.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。