岡崎さんのウェールズ滞在日記10

岡崎さんのウェールズ滞在日記10

ウェールズ補習校 保護者

10.ジャネットさん一家との出会い

 セントクレアに入学してから、子供たちが毎日きちんと学校に行ってくれるかが、何より心配で、子供たちの様子をうかがっていました。
 8歳でYear3に入った息子は、同クラスに日本人の男の子がいたおかげで、すぐになじむことができました。ただ英語力向上のためには、別々のクラスがいいのではと、学年が替わったときに双方の親が一緒に校長先生にお願いに行ったのは、良い決断だったと思います。

 しかし、その時5歳でYear1だった娘は、入学当初、ほとんど口をきかなかったようです。日本にいた7ヶ月の間に、”dog”という英語の単語すら忘れていたのです。すると担任のMrs. O’Connorは、お話しするのが大好きな子を娘の隣の席にしてくれました。その子はHannahといって、ブロンドのカールした髪がばら色のほっぺたにかかる、とっても可愛らしい子で、我が家に遊びにきてくれた第一号の女の子のお友達でした。(小さいころから、娘は男の子と遊ぶほうがアクティブで楽しいらしく、イギリスに来ても最初に学校の後遊ぶ約束をしたのは、男の子でした。ちなみに娘は、クラス全員の女の子が授業を抜けてバレエのレッスンをする時間に、「バレエは習わない」と言って、男子と一緒に勉強をすることを選ぶような娘でした。

 あまりにも娘が英語を話さないので、校長先生が心配され、『ひと学年落としましょうか?』と提案されたこともありました。(その子の状況に合わせて学年を下げて学ぶことは、英国では割と一般的なことだと後に知りました。)わたしたちは、娘は7ヶ月前にマレーシアにいたときは、ほんとうにペラペラと普通に英語を話していたので、どうかもう少し待ってください、とお願いしました。そして、渡英して一ヵ月後、突如として娘は、その年齢相応の英語を話すようになったのです。どこかで、“語学力は冷凍保存される”と聞いたことがあるのですが、その通りだと思いました。その後も娘は、英語力では苦労はしませんでした。

 やはり心配の種は上の子です。「英語の個人レッスンをしてくれる先生を探しているのですが、、。」と息子の担任だったMrs. Davisに相談すると、Alexのお婆ちゃんが日本人を教えていると聞いたことがある、といって調べて電話番号を教えてくれました。さっそくかけてみると、丁寧なゆっくりした英語で年配の女性が対応してくれましたが、夕方のレッスンは難しいということでしたので断念しました。(この方が、後にわたしが英語を教わり、息子も大変お世話になるMrs.Oakley だったのです。)

 では、どうしようか、、?息子と同学年の日本人のお母さんに尋ねると、お子さんが通っているという先生を紹介してもらえました。その先生のお宅は我が家から歩いて7分くらいのところにあり、絵本に出てくるような素敵な家を両脇に見ながら子供と一緒におしゃべりして通ったものです。先生の名前は“ジャネットさん”。

 ジャネットさんは、経済学者で、ときどきロンドンの銀行などに行って仕事をされていて、4人家族でした。ご主人はもと船のキャプテンだったギリシャ人、バセリーで、ギリシャ語を教え、また家事を担当していました。お料理が本当に上手で、息子を迎えに行くときに漂ういい香りに、いつも引き寄せられてしまいました。そしてとても素直で賢そうな坊や、アレキサンドス。息子より2学年上でしたが、飛び級をしていたそうで、実際は一つ年上のお子さんでした。それから、ジャネットさんのお母さん。このお母さんもまた、感じよく、記憶力よく、心配りのできる素敵な方で、こんな風に年齢を重ねられたらと目標にしたくなるような方でした。それと忘れてはならない犬のスマーティー。ジャネットさんたちが、捨て犬の施設から引き取って家族の一員になったそうです。もとの飼い主に虐待を受けていたらしく、杖をふりあげられるとひどく怯えるとのことでした。でも、ジャネットさんの家でしっかり躾けられ、ほえることもなく、我が家の子供たちもスマーティーが大好きでした。でもジャネットさんは決まっていいました。「スマーティーはいい子だけど、犬だからね、口の前に手を出してはいけませんよ。」と。このようなジャネットさん家族と知り合いになれただけでも、世界がぐんと広がった気がしました。

 ジャネットさんは、ハキハキした口調と笑顔で、私たちを受け入れてくれました。そして何より、子供の心をつかむのが上手で、勉強嫌いな息子に楽しみながら英語などを学ばせてくれました。一緒にくっついていきたがる娘にも、温かい目を注いでくれました。

 もしも私たちがジャネットさん一家に出会っていなかったら、Wales での滞在の想い出の深さや視野の広がりは異なったものになったでしょう。そして子供たちの成長もまたしかりです。次回はジャネットさん一家との交流をお話ししたいと思います。

ウェールズ日本人会 email
Wales Japan Club All Rights Reserved
www.walesjapanclub.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。