補習校だより2015年10,11月

補習校だより 201510,11

                ポスターセッションを実施中

                                                田口知子

 九月中旬から、朝会の後に、高学年のポスターセッションを行っています。先週までに、小5623の発表が終わりました。1024日に中1、一月に小4が発表を予定しています。本校では、小4以上は毎年、ポスターセッションに取り組んでいます。教科書の単元の発展学習として、夏休みなどを利用しながら、計画的に準備します。調べたり考えたりしたことを文章にまとめ、それを分かりやすく他の人達に伝えることで、企画力、思考力、構成力、語彙力、発表力など総合的な国語力の向上をめざしています。

 低学年の保護者の皆さんも、興味を持ってご参観くださり、大人の手が入っていないポスターをご覧になって、「高学年になるとこういうことも自分でできるようになるんですね」と感心されていました。また「最近は学校で、パワーポイントを使って発表する機会があるけれど、手書きのポスターがいいですね。」と高学年の保護者の方からも、コメントをいただきました。写真や表などをつけたり、情報を簡潔にまとめたり、どのポスターも魅力的です。また、実際に字を書く練習になる点も、意義があります。

 英国人のお父様方も、お子様に「ウェルダン」と言葉をかけられるなど、応援してくださっています。また「観客がいれかわることで、三回四回と同じ説明をするのが効果的だ」と感想を聞かせてくださいました。

 ポスターセッションは、学年ごとに設定されたテーマに基づいて、生徒達が、調べたり、考えたりしたことを発表するので、大人達にとっても大変興味深いです。初めて知る事柄もけっこう多いです。最初は原稿から目が離せない生徒達も、回数を重ねるごとに、観客を見ながら、手でポスターを指し示すなど、発表力が向上していくのが分かります。これからも、意欲的に楽しく取り組んでいけるように期待しています。

 低学年は、朝会で、発表活動に取り組んでいます。家庭で何回も練習しているようです。大きな声でゆっくりと、分かりやすく発表できる基本の力を養います。これからもご支援、よろしくお願い致します。(20151017)

                家庭学習の継続

                                                田口知子

 先週のお弁当タイムのこと。低学年男児達のテーブルにあいた席が一つ目にとまり、職員室に上がる前にちょっと寄り道していくことにしました。子ども達のおいしそうなお弁当の中身や、子ども達の幸せそうな顔を見るのは、楽しいものです。子ども達は、私を気にすることなく、リラックスしてお弁当を食べています。その時、隣に座った子ども達の会話が耳に入ってきました。自然に英語が出てきたようです。「英語の方が、話しやすいのかな。でも今日は補習校の日だから、日本語で話そうね」と声をかけると、あ、そうだったと気づいたようなそぶりを見せて、すぐに日本語で話し始めました。

 その後は、テーブル全体に会話の輪が広がりました。話の流れで、フランスで鉄砲を打った人がいたんだよねと一人の子どもが話すと、他の子どもも口々に「そうなんだよ」と言います。「みんなテレビのニュースをよく見ているの」と感心して聞くと、「お父さんから聞いた」「お父さんが話してくれた」と言います。こんなところから、少しずつ社会に目を向けていく素地ができていくのだろうなと思いました。

 親子の会話は、教育力の源です。補習校に来る目的や意義についても、時々話題にしていただけると、子ども達の通学意識が変わります。日本に帰国した補習校の元生徒達から、補習校に来ることが楽しみだったという話をよく聞きますが、中には補習校の勉強がつらくて、来たくなかったと言う話も聞いたことがあります。やはり、現地校と補習校の勉強の両立は、大変です。しかし、後になってみると、日本語の力を維持出来た点で、補習校に通学していて良かったと実感するようです。ご両親への感謝の気持ちを聞くと、私もうれしくなります。

 補習校の学習を継続していくには、日々親子が二人三脚でがんばるしかありません。継続は、親の忍耐力そのものと分かってはいても、実行していくには、様々なご苦労があるはずです。そこで、9年間補習校に通学されたご家庭の体験を、ぜひ共有させていただきたいと考えて、再来週のコーヒーモーニングを計画しました。永住または長期滞在により、英語に慣れているお子様の家庭での支援に焦点をあてて、家庭学習の継続をテーマに懇談したいと考えています。どんなご苦労があり、どのように継続されてきたのか、どんなことを心がけてこられたかなど、具体的なご経験を共有させていただくことで、今後につながるようにと願っています。(20151128)

ウェールズ日本人会 email
Wales Japan Club All Rights Reserved
www.walesjapanclub.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。