生徒の作文 2015年4、5月

生徒の作文 20154,5

イースター       2 Y.K.

 イースターのお休みにかぞくでロンドンにあそびにいきました。

 一日目は、ロンドンにすんでいるおじさんのところに生まれたいとこの赤ちゃんにあいにいきました。

 つぎの日は、サイエンスミュージアムとヒストリーミュージアムへいきました。中にはゲームがたくさんあって、ぜんぶたのしかったです。

 三日目はビッグベンとバッキンガムきゅうでんを見て、ロンドンアイにのりました。すごくたかくて、すきでした。

 よるにはライオンキングのミュージカルを見ました。大きなぞうや、おなかをすかせたハイエナが、ぼくがすわっていたせきのよこをとおりました。ライオンのシンバとわるいライオンのスカーが、たたかうところがかっこよかったです。

 たくさんあるいてつかれたけど、たのしかったです。またあそびにいきたいです。ロンドンアイの下にあったおみせで、くまのぬいぐるみをかったので、たいせつにしています。

子どもの日             2 K.Y.

 五月五日は、子どもの日でした。ぼくの学校におかあさんがきて、クラスのみんなにかぶとのおりかたをおしえてくれました。ぼくは、まえの日にれんしゅうしたので、はやくおれて、ともだちのてつだいができました。

 たべもののししょくもしてくれました。からあげ、サーモンのおすし、かっぱまきの中では、からあげが一ばん人気がありました。

 みんなが日本のことをしってくれて、うれしかったです。

カトルカントリー                3 R.Y.

 月曜日に、カトルカントリーに行きました。友だちのフィンとソルと行きました。さいしょにバーヌナンバーワンに行きました。そこにすごい高いスライドがありました。スライドの名前は、デススライドです。ぼくはさいしょにこわいと思っていました。ためしてみたら、すごくたのしかったです。それからファルコンを見ました。ファルコンは大きくて、はやかったです。

 つぎはふくろうを見ました。ぼくのお母さんがもちました。楽しかったです。

三月二十日 日食を見たよ            3 S.E.

 きょうは、エクリプス(日食)を見ました。でもよく見えませんでした。どうしてかというと、すごくくらくならなかったからです。でも、ホールのスクリーンで見ました。おもしろかったです。たいくつだったところは、パソコンがローディングしているときです。わたしのクラスから二人、日食を気をつけて見れるものを作ってきました。ニュースで見せていないやりかたもありました。わたしがしらないやりかたもあり「へーこんなのもあるんだ。」と思いました。きょうは、おもしろい日でした。

                          3 S.N.

 きょう、学校の行きに、エクリプスがはじまっていました。学校に入ったときに、だんだんくらくなってきました。学校からかえるときには、エクリプスはおわってしまいました。たいようがくらくなったりして、おもしろかったです。

                          3 S.K.

 今日は、学校の校ていで日食を見ました。朝の九時半に、みんなと見ました。日食を見るためには、紙が二まいひつようです。はじめに、一まいの紙に大きいあなをペンであけます。つぎに、ピンで小さいあなをあけます。そして、もう一まいの紙を下において、あなのあいた紙をそのまま上におきます。そうすると日が見えました。

学習発表会の感想             6 K.O.

 発表で、特に目をひいたところが、一つずつありました。

 小一の発表は、みんなが覚えていてすごいと思いました。そして紙をもっている人が一人もいませんでした。小二の「言葉を楽しもう」は、自分たちが作った詩を、ジェスチャーを使いながら読むところがよかったです。小三のげきは、みんなが元気よく、役になりきってやっていたのを見ていて、気持ちがよかったです。小四の発表は、私たちが去年やったのとちがって、おもしろかったです。私たちがやった「敬語」は、みんなまちがえないで終わり、ほっとしました。小六の討論会は、バレンタインのことで、おもしろいと思いました。

 私は、みんなの発表を見て、イギリスにこんなすごい学習発表会をできる補習校があって、ほんとに良かったとあらためて思いました。

学習発表会に参加して                6 R.H.

 ぼくがおもしろかったり、興味がひかれたりした発表は、中2と小6の発表です。中2の発表では、それぞれの特ちょうなどを分かりやすく説明し、欠席の人が動画で参加したり、とても工夫されていて、おもしろかったです。

 小6の発表では、肯定派と否定派に分かれて、討論会をしていて、自分たちで事前に調べたアンケートをパーセンテージで円グラフに表したりしてあって、内容が分かりやすい発表でした。

 そして中2と小6に共通しておもしろかったのは、観客に問いかけをしたり、逆に観客からの質問に答えたりして会場を一体にしたことです。ぼくも問いかけに参加して、楽しむことができました。来年の学習発表会では、ぼくも観客を楽しませる話し方を工夫したいです。

想像作文(猫から見た私)               3 A.A.

 カチャ。僕が入ったキャリアーの扉があき、新しい家に来た。一歩出て、どんな所か見てみた。すると後ろから物音がした。ふりむくと、そこに女の子がいた。だれだか分らなかったけれど、近よっていった。すると、その子は「マックス、こっちおいで。ここはあなたの新しい家だよ」

気がつくと、僕はその子の腕の中に抱かれていた、僕は抱かれるのが好きなので、のどを鳴らし、顔をこすりつけた。

 数か月後。僕は、名前が呼ばれているので目がさめた。外に出た時、朱里がこっちに向かってスキップしていた。僕はすわって、こっちに来るのを待った。日射しがあまりにもポカポカしていて、思わずあくびをしてしまった。こっちに朱里が来たと思ったら、いすにすわって、ひざをたたいた。「おいで」ということだと気づき、僕は飛び上がった。そして、大好物のハムを少しもらった。きのうまでは少し暗かったけれど、なぜか今日は元気だ。

「マックス、ねえ聞いて。あのね、今日フレンチのテストがあってね。ずっと練習していたからね、簡単だったの」と、目をキラキラさせながら言った。そこで初めて、うれしいことを知った。すると、朱里が僕を抱いて、家の方へ歩いていった。

「ご飯にしようか」

歩いている時の足取りが軽かった気がする。昨日とちがって、元気な朱里がもどってきた。その元気さが僕にもうつって、僕は朱里の肩へ上り、すわった。のども大きく鳴らした。

ウェールズ日本人会 email
Wales Japan Club All Rights Reserved
www.walesjapanclub.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。