ウェールズ豆知識

歴史関係

  • ウェールズには600以上の城があり、城密度(単位面積あたりの城の数)は世界一。
  • Caerphilly(ケアフェリー)城にはピサの斜塔より傾いている塔がある。
  • ウェールズには398個の天然の湖がある。

施設関係

  • ウェールズには200以上のゴルフ場がある。
  • The National Botanic Garden of Wales(ウェールズ国立植物園)は英国で最初に作られた国立植物園で、200年以上の歴史がある。
  • カーディフにあるNational Stadium of Wales(ウェールズ国立競技場)は格納式屋根を持つ競技場の中では世界最大。
  • カーディフにあるThe National Museum Wales(ウェールズ国立博物館)には、パリ以外で最も多くの印象派の絵画がある。
  • 英国で最も名前が長い地名はアルファベット58文字からなるThe Isle of Anglesey(アングルシー島)の小さな町「Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch」で、ウェールズ語で「赤い洞窟の聖ティシリオ教会と激しい渦巻きの近くの白いハシバミの森のくぼ地にある聖マリア教会」という意味。
  • ウェールズ中部にある町Hay-on-Wye(ヘイ=オン=ワイ)は古書店街として知られ、世界で最も有名な文学芸術フェスティバルの開催地であり、毎年参加者は推定5万人、来町者は50万人に及ぶ。

人物関係

  • ヒマラヤのエベレスト山の名前はインド測量局の長官を務めたウェールズ人のジョージ・エベレスト卿に由来する。
  • エベレスト山の世界初登頂に成功したチームはウェールズにあるSnowdonia(スノードニア)の山でトレーニングをした。
  • 詩人Dyran・Thomas(ディラン・トマス)はSwansea(スウォンジー)出身であるディランの“Do Not Go Gentle Into That Good Night“から始まる詩はクリストファー・ノーラン監督の映画「インターステラー」に引用されている
  • ウィリアム王子とキャサリン妃はアングルシー島に住んでいた。
  • 代数学で等号記号「=」を紹介したのはウェールズ人医師健数学者のRobert Recordeである。

自然関係

  • ウェールズ語は現在でも話されている言語としてはヨーロッパ最古である。

その他

  • Penderynはウェールズを代表するウィスキーメーカーであり、世界で最も小さい蒸留所の一つ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button