ウェールズの経済

ウェールズは産業革命時代、炭鉱で栄えましたが工業が衰退してからは軽工業やサービス業が経済を支えています。また、農業は土壌が貧しく耕作には適さない為に牧畜(主に牧羊)が中心で、少し町から外れると羊たちの長閑な風景を見ることが出来ます。

日本との関係では1972年に初めて日本企業が工場をウェールズに開設したことに始まり、現在でも多数の企業がウェールズに拠点を置いています。

私達日本人会会員企業は、ウェールズ南部に位置する首都カーディフとその西にある市(Swansea)との間に主に所在しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button